Housing and Environment

危険を回避

Housing and Environment

危険なタコ足配線を行なわないために

最悪のケースでは住宅火災の原因となってしまう事があるもの、それがタコ足配線です。タコ足配線とは、テーブルタップなどのアイテムを用いて、文字通りタコの足のように、一つのコンセントに複数の電気機器を接続することを示すものとなっています。これによって、コンセントに掛かる負担が大きくなりすぎるなどの原因によって、火災が発生してしまうことがままあるのです。これは現代社会において、より便利な生活をおくるために家庭内で利用することになる電化製品の数に比べて、家庭内にあるコンセントの数自体が足りていないために行なわれる措置となっているため、その根本を解決するために、コンセントの増設工事を行なうのがお勧めとなっています。増設工事によって、電化製品一つ一つを直接コンセントに刺して利用が可能となるため、火災のリスクを大幅に軽減することが可能となるのです。

コンセント増設工事を行なうメリット

コンセント増設工事を行なうメリットとしては、火災の原因を減らす事が可能となることだけでなく、部屋の模様替えをしやすくなるといったメリットを挙げることができます。増設工事では、従来ある場所だけでなく、これまでなかった場所に新たにコンセントを設けるといったことも可能となっているため、コンセントの都合上から家具や家電などを置く事ができなかったといった場所を利用することも可能となっているのです。またコンセントの数を増やすことによって、延長コードなどを用いることなく電源の確保がしやすくなるため、足を引っ掛けてトラブルを起こしてしまうリスクを減らす事ができるのはもちろんのこと、部屋をすっきりと綺麗な状態で保つのにも役立ちます。